投稿者 : webeditor 投稿日時: 2014-02-04 11:27:33 (729 ヒット)

「住基法改定に関する自治体アンケート」集計結果 ならびに「改定住基法施行に伴う自治体アンケート」集計結果を公開しました。以下URLよりダウンロードいただけます。


http://gaikikyo.jp/modules/myalbum/


投稿者 : secretariat 投稿日時: 2012-08-24 17:20:41 (826 ヒット)

フクシマ移住(いじゅう)女性(じょせい)のための

改定入管法(かいていにゅうかんほう)入門(にゅうもん)セミナー

 

 今年(ことし)(がつ)()から、外国人(がいこくじん)登録法(とうろくほう)がなくなり(あたら)しい(にゅう)(かん)(ほう)住民(じゅうみん)基本(きほん)台帳法(だいちょうほう)実施(じっし)されました。

 外国人(がいこくじん)にとって便利(べんり)になったところもありますが、在留(ざいりゅう)カード」をいつも()っていないと20万円(まんえん)以下(いか)罰金(ばっきん)、14(にち)(いない)に「変更届(へんこうとどけ)」をしないと20万円(まんえん)以下(いか)の罰金、14(にち)以内(いない)に「転入届(てんにゅうとどけ)」をしないと20万円(まんえん)以下(いか)罰金(ばっきん)……になるなど、外国人(がいこくじん)がしなければならないことが()えました。また、在留(ざいりゅう)期間(きかん)途中(とちゅう)でも、「在留(ざいりゅう)資格(しかく)」を()()項目(こうもく)()やされました。

 

◇「外国人(がいこくじん)登録証(とうろくしょう)」に()わる「在留(ざいりゅう)カード」をもらうには、どこに()けばいいの?

◇「永住者(えいじゅうしゃ)」も、2015(ねん)(がつ)までに、そのあとは7(ねん)ごとに、入管局(にゅうかんきょく)()かなければならないの?

在留(ざいりゅう)資格(しかく)ごとにちがう「変更届(へんこうとどけ)」を、どこに()せばいいの?

◇「住所(じゅうしょ)変更届(へんこうとどけ)」を、どこに()せばいいの?

◇「再入国(さいにゅうこく)許可(きょか)証明書(しょうめいしょ)」なしに、日本(にほん)再入国(さいにゅうこく)できるの?

 

 こうした素朴(そぼく)疑問(ぎもん)について、まずお(こた)えします。

 

(にちじ)2012(ねん)(がつ)26(にち)(日)午後(ごご)〜4()

会場(かいじょう)AOZ(アオウゼ)

 福島駅東口から徒歩10分・MAXふくしま4

(こうし) (さとう のぶゆき)(立教大学兼任講師)

加費(さんかひ)無料(むりょう)

○テキスト:100(えん)(『定入管法(かいていにゅうかんほう)Q&Å』日本語版(にほんごばん)

*英語版/ポルトガル語版/中国語版/韓国語版もあります

 

主催(しゅさい)福島移住女性支援(ふくしまいじゅうじょせいしえん)ネットワーク

連絡先◆090-8257-0523(後藤キャサリン ドリア)


投稿者 : secretariat 投稿日時: 2012-07-02 17:14:50 (1061 ヒット)

3月4日に東京で開催した「在留カードにNO!東京集会」において、改定入管法が持つ問題点を明らかにし、日本人も外国人も当たり前に人間としての尊厳が生かされて輝く社会、「多民族・多文化共生社会」をめざす協働者として生きることを表現した、

『ともに生きる一万人宣言』(http://www.repacp.org/aacp/tomoni/

を発表しました。現在、この宣言への賛同署名を集めています。

7/7の集会で、賛同者数およびお名前を発表する予定です。

ぜひ賛同署名に、ご協力ください!

(上記サイトよりオンライン署名も可能です。)

【賛同の呼びかけ】

◇本集会に対する団体賛同を集めています。

賛同くださった団体名を、当日の配布資料に掲載します。

○賛同:一口2,000円

*賛同される団体・個人は、7月2日(月)までに下記に連絡ください。

<担当:コリアNGOセンター東京事務所>

tokyo@korea-ngo.org または FAX:03-3203-5655

*賛同金は、当日持参されるか、あるいは下記に振り込んでください。

◆郵便振替口座  口座番号 00100-5-335113

口座名称 外国人人権法連絡会


投稿者 : secretariat 投稿日時: 2012-07-02 17:13:13 (1183 ヒット)

2012年 7月 7日(土) pm2:00から

参加費または資料代500円○外国人住民は無料
会場東京水道橋・在日本韓国YMCA 地下ホール
アクセスJR・水道橋駅東口徒歩6分、地下鉄・神保町駅徒歩7分

英語の同時通訳あり(他の言語も検討中)

主催

外国人人権法連絡会/移住労働者と連帯する全国ネットワーク/外国人住民基本法の制定を求める全国キリスト教連絡協議会

問合せ

在日韓国人問題研究所(RAIK) FAX. 03ー3202ー4977
e-mail:raik.kccj@gmail.com

移住連TEL. 03ー5802ー6033,
e-mail: smj-office@migrants.jp

2009年公布の改定入管法、入管特例法、住基法が来る7月9日から施行され、“外国人登録証”から“在留カード”に、新たな在留管理制度が本格的にスタートします。

これは、外国人政策における戦後最大の転換であり、外国人法制度の全面的再編です。

しかし、これらの法の対象となる約220万人の在日外国人には、法改定の事実とその「利便性」が伝えられることがあっても、網の目のように張りめぐらせた義務規定や、その不履行に対する過酷な罰則規定など、肝心の内容については政府からも自治体からも知らされてはいません。このまま7月9日に法実施を迎える ならば、外国人本人が知らないままに“法違反者”にされてしまう事態になりかねません。また、現に日本国内で生きているにもかかわらず、在留資格が持つこ とができないという理由のみで法制度上“存在しない者”として扱われる外国人も大勢生まれます。

こういった危険性について、外国人の人権を保障する義務のある政府からは結局、現在に至るまで何らの具体的な方策も出されていません。やはり私たちは、これらの改定法に“NO”をつきつけます。

この「ともに生きる宣言集会」では、改定法の実施主体である政府や自治体の政策および運用を検証して問題点を告発するとともに、各外国人コミュニティや各地域から挙がっている批判・憤りの声を集めます。

ぜひこの集会にお集まりください。

●プログラム

【第1部】改定法の「現在」を検証する

・外国人を徹底的に管理する改定法への全面批判

・「移住女性」を追い詰める改定法

・「労働者としての権利」を剥奪する改定法

・監視される“高度人材”留学生

・特別永住者は“特別”なのか

・「もう生きていけない」難民申請者

・「見えなくされてしまう」非正規滞在者

・「税金は取るが、サービスはしない」自治体

【パフォーマンス】(予定)

【第2部】ともに生きる私たちは、主張する

・外国人住民からのアピール(*逐語通訳)

・各地・各団体からのアピール

・「ともに生きる宣言」朗読と行動呼びかけ

・うた


投稿者 : secretariat 投稿日時: 2012-05-18 10:38:14 (1159 ヒット)

「改定入管法に反対し、ともに生きる宣言集会」

2012年7月7日(土)午後2時ー4時30分

在日韓国YMCA 地下ホールにて

詳細は後日お知らせいたします。


メインメニュー