投稿者 : secretariat 投稿日時: 2012-10-01 17:16:52 (1943 ヒット)

※ここでは一部だけを紹介しております。詳細な報告については、ニュースレターのコーナーにある「外国人被災者支援プロジェクト中間報告」(PDF書類)をダウンロードしてご覧ください。

 

外国人被災者支援プロジェクト中間報告
(2011年9月〜2012年8月)
(2012年9月発行)

◆≪支援プロジェクト≫

東日本大震災によって被害を受け、復興に向けて日夜たたかっている東北の人びと。その東北に暮らすのは、日本人だけではない。さまざまな理由によって東北の地に根を下ろして暮らしている外国人住民たち(2011年3月、災害救助法が適用された市町村に住んでいた外国人7万5千人)も、日本人と同じように、あるいは日本人よりもさらに過酷な条件の中で日夜たたかっている。
老人や子どもたち、障害者たちと並んで「被災弱者」となっている被災外国人の状況に目を向け、その問題を共に担っていこうという思いのもと、「外キ協」と、「東北ヘルプ」、「NPO笑顔」の3団体は、海外教会の支援を受けて2011年9月、≪外国人被災者支援プロジェクト≫を立ち上げた。
≪支援プロジェクト≫は、三つの方向で進めている。(1)調査事業、(2)自立支援プログラム、(3)情報の共有とネットワークの構築である。


投稿者 : secretariat 投稿日時: 2012-04-19 16:56:14 (2011 ヒット)

1.第一段階(2011年9月〜12月)
(1)「東北ヘルプ」「NPO笑顔のお手伝い」「外キ協」の三者で、共同運営委員会を月1回、他の団体および研究者を交えての拡大調査検討会を月2〜3回時開き、「外国人被災者支援プロジェクト」第一期(2011〜12年)の活動骨子と方向性、内容を詰めていく。


(2)東北ヘルプとNPO笑顔のスタッフは、宮城県下の移住女性(おもに日本人と結婚して定住する外国人女性)に対する調査―追加調査―緊急支援をおこなう。中国人女性・フィリピン人女性に対しては地元の国際交流協会や、韓国人女性に対しては地元の韓国教会などのルートを通して面接調査をおこなう。またNPO笑顔は、南三陸町の仮設住宅(60カ所)すべてを訪ねて、全戸数分の「米1キロ支援米」を配って移住女性の面接調査をおこなう。


(3)11月8日、外国人被災者支援に取り組む教会関係機関・個教会、国際交流協会、人権NGOなどに呼びかけて、日本基督教団東北教区センターのエマオでシンポジウム「外国人被災者は今――私たちの課題」を開催する。


(4)東北ヘルプと外キ協は、JEDRO(日本キリスト教協議会エキュメニカル震災対策室)を通して、海外のキリスト教会に資金要請を呼びかける(第一期目標:2000万円)。


(5)外キ協は、日本教会・在日教会のキリスト者やキリスト教学校、市民に「共生のいしずえ献金」を呼びかける(第一期目標:500万円)。


投稿者 : secretariat 投稿日時: 2011-11-10 22:43:00 (1501 ヒット)

「共生のいしずえ」献金

募金期間:2011年11月〜2012年8月(第一期)
 

目を上げて、わたしは山々を仰ぐ。わたしの助けはどこから来るのか。
わたしの助けは来る。天地を造られた主のもとから。
(詩編121:1〜2)
 

「隣り人」と、共に生きよう
東北の外国人被災者75,000人には、
75,000人の「支え手」「協働者」が必要です。

◇外登法問題と取り組む全国キリスト教連絡協議会(外キ協)◇
◇仙台キリスト教連合被災者支援ネットワーク(東北ヘルプ)◇
 

3月11日… 
被災した青森・岩手・宮城・福島・茨城の5県には、91,147人の在日外国人が暮らしていました。
そのうち、「災害救助法」が適用された5県の市・町・村に住む外国人は、75,281人です。

半年たった現在…

外国人被災者に関する情報を、私たちは断片的にしか知りません。
それは、外国人被災者の居住地が5県にわたり、また154の市・区・町・村のあまりにも広範囲に及ぶこと、外国人の多くが孤立して生活してきたからです。
外国人被災者はとりわけ1990年代以降、東北の農村・漁村へ日本人との国際結婚で移住した中国人女性、韓国人女性、フィリピン人女性と、その子どもたち、また、戦前から日本に住む在日韓国・朝鮮人高齢者たちは、被災地の仮設住宅あるいは避難地で、声も出せず、困難な状況に耐えています。
私たちは孤立している外国人被災者一人ひとりの安否を確認して励まし、一人ひとりの生活が再建され自立できるように手助けをしていきたい、と願っています。
外国人被災者75,000人には、75,000人の「支え手」「協働者」が、いま必要なのです。

「外国人被災者支援プロジェクト」とは
◇外国人被災者、とくに移住女性とその子どもたちの実態調査を9月から始めました。
◇実態調査から見えてくる外国人被災者のニーズに応えるために、
教会、NGO、NPO、弁護士、研究者のネットワークと連携しながら支援をしていきます。
◇このプロジェクトの第一期(2011年9月〜2012年8月)では、「外国人被災者支援センター」を設けて
中長期的な支援活動を始めたいと願っています。

一人ひとりが「支え手」「協働者」となってください
◇外国人被災者を支援する取り組みは、海外の教会をはじめ、
日本教会・在日教会のキリスト者や市民の祈りと、献金によって支えられていきます。
◇皆様の祈りと、「共生のいしずえ」献金(一口1,000円)をお願いします。

●募金目標額:500万円
●献金送付先
○郵便振替 00120-0-763841 口座名:外キ協被災者支援
○三菱東京UFJ銀行 高田馬場支店(普通)0435182  口座名:ガイキキョウ被災者支援


投稿者 : secretariat 投稿日時: 2011-11-10 22:34:06 (1455 ヒット)

◆作成◆
NPO笑顔のお手伝い
仙台キリスト教連合被災支援ネットワーク(東北ヘルプ)
外登法問題と取り組む全国キリスト教連絡協議会(外キ協)

◆3月11日、東日本大震災で被災した青森・岩手・宮城・福島・茨城の5県には、91,147人の在日外国人が暮らしていました。そのうち「災害救助法」が適用された市・町・村に住む外国人は75,281人となります。その内訳は、中国27,755人、韓国・朝鮮12,199人、フィリピン9,617人、ブラジル7,270人、タイ3,859人……と続き、在留資格別では「永住者」19,685人、「日本人の配偶者等」7,920人……などとなります。

◆しかし、地震から8カ月たった現在でも、私たちは外国人被災者に関する情報を断片的にしか知り得ていません。それは、外国人被災者の居住地が5県にわたり、また154の市・区・町・村のあまりにも広範囲に及ぶこと、外国人のほとんどがコミュニティを形成することなく地域社会の中で孤立して生活してきたこと、そして日本社会において周縁化されてきたからです。

◆私たち「東北ヘルプ」と「外キ協」は、「NPO笑顔のお手伝い」と共に、まず1990年代以降、東北の農村・漁村へ日本人との国際結婚で移住して来た中国人女性・韓国人女性・フィリピン人女性たちとその子どもたちに対する調査から始めることにしました。
◆第一次調査として9月〜10月、地元の教会やNPOなどのルートを通して、宮城県下の移住女性、おもに、日本人と結婚した韓国人女性、中国人女性に対する面接調査を始めました。


投稿者 : secretariat 投稿日時: 2011-10-25 12:30:51 (1642 ヒット)

◆「外国人被災者」調査◆第1報

(2011年10月19日)

作成◆仙台キリスト教連合被災支援ネットワーク(東北ヘルプ)
外登法問題と取り組む全国キリスト教連絡協議会(外キ協)

◆3月11日、東日本大震災で被災した青森・岩手・宮城・福島・茨城の5県には、91,147人の在日外国人が暮らしていました。そのうち「災害救助法」が適用された市・町・村に住む外国人は75,281人となり、その内訳は中国27,755人、韓国・朝鮮12,199人、フィリピン9,617人、ブラジル7,270人、タイ3,859人……と続き、在留資格別では「永住者」19,685人、「日本人の配偶者等」7,920人……などとなります。
◆しかし、地震から7カ月たった現在でも、私たちは外国人被災者に関する情報を断片的にしか知り得ていません。それは、外国人被災者の居住地が5県にわたり、また154の市・区・町・村のあまりにも広範囲に及ぶこと、外国人のほとんどがコミュニティを形成することなく地域社会の中で孤立して生活してきたこと、そして日本社会において周縁化されてきたからです。
◆私たち「東北ヘルプ」と「外キ協」は、1990年代以降、東北の農村・漁村へ日本人との国際結婚で移住して来た中国人女性・韓国人女性・フィリピン人女性たちとその子どもたちに対する調査から始めることにしました。
◆第一次調査として、地元の教会やNPOなどのルートを通して、宮城県下の移住女性、おもに、日本人と結婚した韓国人女性に対する韓国語による面接調査を、9月から手探りで始めました。
以下、とりあえずまとめた第1報です。


« 1 (2)
メインメニュー