トップ  >  北海道外キ連  >  北海道外キ連 2013年活動報告

北海道外キ連から●2013年活動報告



1.2013年度 北海道キャラバン「差別を問い、人権を考える講演会」

  〇日程:8月26日〜27


○会場:日本キリスト教団旭川豊岡教会、日本キリスト教団留萌宮園教会


〇講師:林炳澤さん(イム・ピョンテク/日本の戦後責任を清算するため行動する北海道の会共同代表)


テーマ:「在日外国人をとりまく今、共生を求めて」


「ヘイトスピーチ」の背後にある日本人の意識と、在日外国人を取り巻く日本社会の状況を確認すると共に、「外国人住民基本法」制定の意義について、地域教会の方々や、地域で人権課題について取り組んでおられる方々と、共に学び連携した。


また、例年キャラバンでは、現地学習を位置づけているが、今年は、「東アジアの平和のためのワークショップ」によって朝鮮人強制連行犠牲者遺骨発掘の取り組みが行われた、江御(えおろし)発電所、東川遊水地等の諸現場にて学習した。 


2.第5回「青年の旅」にWさんを派遣


3.内部学習会の継続


 「改悪・入管法」や「ヘイトスピーチ」の問題点などについて、また「外国人住民基本法」の意義を、多くの人に伝える方法と言葉について、事務局メンバー自身による内部学習を継続した。


4.被災外国人の証言を聞く会


2014年の年頭(1月14日)に開催予定の「東日本大震災 被災外国人の証言を聞く会」開催準備に取り組んでいる。


5.参画・連携


下記の諸団体・活動に参画・連携した。

・日本の戦後責任を清算するため行動する北海道の会

・強制連行・強制労働犠牲者を考える北海道フォーラム

・札幌キリスト教連合会 在日韓国人・朝鮮人との共生をめざす委員会

・戦後60年北海道共同行動実行委員会 8・15集会、12・8集会


 

プリンタ用画面

メインメニュー